ワンタッチNF工法 <RC造・ALC造用>

躯体直張り工法(GL工法)に代わる乾式ふかし壁工法で、乾式で施工手順の簡略化をおこない最少での仕上がりが可能です。面内変形性能を有し、建物の変形に追従し、下地材および仕上げ材の破壊防止に有効です。

【ワンタッチNF工法の特徴】

1.無溶接工法
無溶接工法でワンタッチにて下地組が可能です。

2.薄い仕上がり
躯体からの最小下地寸法は28mm~可能です。

3.抜群の施工性
バー材セット後、レベル調整はワンタッチNF(NF’)の円盤を回すだけです。

4.スピード施工
1人工、45~55㎡の下地組が可能です。
(他工法との比較では2倍以上)

5.広範囲の使用用途
RC造、ALC造、鉄骨造等、あらゆる構造に対応できるアタッチメントも豊富に取りそろえています。

6.耐震性
ワンタッチNFと野縁材(シングルバー、ダブルバー)の勘合部のスライド機能により、
地震等による下地および外装板の破壊防止に有効です。

納まり詳細図

rcalc 

  
  

RC造施工手順図

rc

ALC造施工手順図

alc

  

使用部材・レベル調整表・参考割付図

  

buzai

施工例

6-1
コンクリート面縦胴縁
6-2
コンクリート面横胴縁
6-3
開口廻り
6-4
6-5
ALC面横胴縁
6-6
コーナー(入隅部)
6-7
勾配部下地組
7-1
階段室壁
7-2
階段室 段差補強
7-3
躯体(RC+ALC面)レベル調整
7-4
電気配管後の下地組
7-5
ウレタン樹脂現場発泡
7-6
断熱グラスウール