FC(フリーチャンネル)R工法〔丸柱〕

maruhashira
2次曲面(R天井、ウェーブ天井、丸柱)に対応可能な工法です。
フリーチャンネルのR加工品を使用します。

フリーチャンネルR加工の特徴

フリーチャンネルR加工は、弊社イチオシの優れた技術です。お客様のご指定寸法通り、精度の高い製品に仕上げます。
丸柱の最少下地材寸法は、200φ(100R)から可能です。完全乾式で工期が大幅に短縮されます。

施工上の注意

上下スラブより100mmに、それぞれ一段(フリーチャンネルR加工)、
中骨は@600以内にて、段を組んでください。

施工手順

maruhashira_tejyun

①床にてバー材(2~3本)をセット

②1/2円の仮組を左右より建ちあげ、マーキング部をアルミ釘でジョイントする

③垂直レベル出し後、四方からボルトを躯体に締め付ける(鉄骨造の場合は、点溶接可能)

④耐火被覆の場合は、③の後に行う

⑤バー材セット

⑥ボード貼り工程へ

※Rの指定は下記をご参考にお問い合わせください。

zu27

①仕上げ材を含む仕上がりのR
 (その際、仕上げ材は何ミリですか?仕上げ材:  mm)

②フリーチャンネルに19形バー材をはめ込んだ面まで(下地仕上がり)のR

※フリーチャンネルは1/2円にて製作
※フリーチャンネル(NS-10)を現場で曲げるのは、容易ではありません。
 R加工の技術はすべて弊社にお任せください。

 

zu28  

施工例

  

zu29
zu29-2
25-5
R=225仕上げ
25-1
トライアングル支柱下地
50mm以内でフランジを交し、
耐火被覆+ボード仕上げ(フリーチャンネル重ね工法)
25-4
Y字型H鋼 内・外無用接下地
25-2
伊達ふれあいセンター(フリーチャンネル重ね工法)
25-3

  
 
  
zu31