FC(フリーチャンネル)天井工法 <RC造用>

居室空間を最大限に活用することができます。
天井ふところを極小にすることが可能な軽量鉄骨天井下地工法です。

【FC天井工法の特徴】

1.無溶接工法
無溶接工法でワンタッチにて下地組が可能です。

2.薄い仕上がり
躯体からの最小下地寸法は41mm~可能です。
(※フリーチャンネルをスラブ底に直付けする工法であれば31mm~可能です。)
3.耐震性
フリーチャンネルと野縁材(シングルバー、ダブルバー)の勘合部のスライド機能により、地震等による下地および仕上げの破壊防止に有効です。

RC造用

zu15
zu16
fc_tenjhou

【施工手順】
(1)フリーチャンネルの間隔は、900mm程度とし、周辺部は、端から150mm以内とする。

(2)天井プレートはスラブ底の天井インサートに六角ボルトにて固定する。その間隔は、フリーチャンネルに対し758.4mm以内とする。

(3)天井プレートにレベルワッシャーをねじ込む。ねじ込み量は、不陸寸法を予め考慮した量とする。

(4)天井プレートのボルト部にフリーチャンネルを差し込み、レベルワッシャーにて不陸調整後、ワッシャー・ナットで締め付ける。

(5)隣り合うフリーチャンネルの爪部の通りが、通るように配列する。

zu18  
  
zu19