事業案内

ケーワンだからできる空間演出。ケーワンはLGS(軽量鉄骨下地材)のPioneerです。

ケーワン工法とは
【軽量鉄骨ワンタッチ下地材】の略で、弊社はケーワンという社名になりました。
建築業界において、技術者不足、大幅な工期の遅れ、その他各現場において多くの問題点が指摘されております。それらの難題を、ひとつひとつ確実に解消し開発された完全乾式(無溶接)工法が【ケーワン工法】です。
意匠及び、デザインが自由に選択できる、画期的な軽量鉄骨ワンタッチ下地材の胴縁組として、開発された工法になります。  
  

ケーワン工法の特徴

①工期の短縮(施工がすべてワンタッチシステム)
②完全乾式(不燃無溶接工法)下地、軽量
③結露防止効果大(あらゆる断熱材工法が可能)
④壁厚自由調整(最小壁下地厚28m/m)
⑤アール加工下地自由(完成後の補修も簡単)
⑥仕上材は自由(完成後の補修も簡単)
⑦コンクリートの乾燥期間不要(工法選択)
⑧躯体に電気の埋込配管不要
⑨工事現場の残材少量(清潔)